救急からリハビリまで、県北の地域医療に貢献

医療法人社団 もみの木会 大朝ふるさと病院
お問い合わせ
アクセスマップ
トップページ >>  診療科・部門紹介 >>  診療科・診療技術部門紹介 >>  リハビリテーション室

診療科・部門紹介|診療科・診療技術部門紹介
リハビリテーション室

リハビリテーション室のご案内

当院のリハビリテーションは、運動器・脳血管疾患等リハビリテーションを行っております。急性期からのリハビリは、廃用症候群の予防と共に病気や病状の治癒、軽快につながっていくため早期からのリハビリが重要となります。当院では早期から一人一人の患者さんに対して理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が介入し、充実したリハビリを行っております。また、外傷や腰痛・リウマチ疾患をはじめとする整形外科疾患、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害を含む中枢神経疾患、末梢神経・筋の障害による機能障害の改善、基本的動作能力の回復を図ります。整形外科・脳神経外科等各科との連携をもとに術後等、早期リハビリテーションを行い、安全かつ効果的にリハビリを行っていくことを心がけております。現在の障害を可能な限り改善し、より高い生活の質が得られるよう励み、内科系疾患等に伴う廃用症候群の予防・治療にも取り組んでおります。地域の施設や病院との連携をもって患者さんの家庭復帰や社会復帰を目指しております。

 

 

 

 

スタッフ

●理学療法士 6名

●作業療法士 1名

●言語聴覚士  1名

●リハ助手 2名

施設基準

●脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅱ)

●運動器リハビリテーション(Ⅰ)

●運動器リハ・脳血管疾患等リハの維持期リハビリテーション料

リハビリテーションについて

脳血管疾患等リハビリテーション

脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血等)、また長期臥床による廃用症候群などに対するリハビリを実施しております。
「言語聴覚療法」医療、介護、福祉、の分野において、発声発語機能、言語機能、聴覚機能、高次脳機能、摂食・嚥下機能など、主としてコミュニケーション機能に障害のある人に対して、言語聴覚士が検査、訓練および助言、指導その他の援助などの専門的かかわりによって、対象者の機能の獲得や維持・向上を図り、生活の質の向上を支援します。

運動器リハビリテーション

大腿骨頚部骨折、脊椎圧迫骨折、上肢・下肢の骨折など高齢者に多発する骨折、交通外傷等に対応するリハビリ、また人工関節置換術後に対するリハビリなど、早期の日常生活の向上と社会復帰を図るためにリハビリを実施しております。

物理療法

・温熱療法 「ホットパック・渦流浴・パラフィン浴・マイクロウェーブ」

・電気刺激療法 「SSP」

・牽引療法  「頚椎牽引・腰椎牽引」

 

 

ページの先頭へ